抜け毛を防ぎ、育毛を成功させることが幸福のもとかもしれません。

単に「ハゲはかっこ悪く、モテないので幸せになれない」などということではありません。


今回レビューするのは、運命学の書籍です。


「運命の法則」  天外伺朗著  出版 飛鳥出版

2004年11月第一刷   定価1400円


ロボット犬「AIBO」の生みの親が教える好運の育て方。

この本には、少し複雑な、哀しい思いにさせる「薄毛」に関する話がある。



(カツラと運命の関係)

著者は以前に出版した本のなかで、

「男性用かつらをつけると、運が悪くなったように見えることがある」

と書いていた。

カツラをつけた人は10歳以上若返った感じで、とても以前の本人とは、名刺をもらうまでわからなかった、という。

「ところが、どうもその後、人生の歯車が狂ったようになり、数々の不運に見舞われ、元気をなくしてしまった」・・・・同著110ページ。


こわい話である。

しかし、私もそういうことはたしかにあるようだ、と感じていた。

ハゲに耐え切れず゙かつらをつけると、どうもオドオドした感じになる。

暴露されるのを恐れてか、自信を失うようなケースをいくつも見てきたのです。


天外氏は、その原因を2点あげている。

1.ハゲた自分が嫌いだという「自己否定」が心の重荷になる

2.はげるという自然な流れ(宇宙法則)に対し、かつらをつけるという行為が「運命にさからうと、運命に見放される」につながる


いずれにせよ、「ハゲてもイヤだし、かつらも運気を失わせる」となれば、答えは一つ。


自然な努力により、体と、心の調和を保ち、育毛に必要な十分な睡眠、そして育毛食品の摂取など育毛生活をするべし。


漢方の考え方で育毛に励めば、髪は生えるし、運気も良くなるので、やらない手はありませんよね。

この本は、育毛とは余り関係なく、運命の法則を述べた本ですが、かつらに関する著述は、考えさせられる問題であり、紹介しました。