発毛、抜け毛、うす毛によく効くサプリメントとは?

今回レビューするのは、
「サプリメントの選び方」 日本サプリメント協会編
2005年3月発行  発行所 株式会社 生活情報センター
定価1300円

脱毛や育毛だけでなく、体と心のいろんな症状によく効くサプリメントが紹介された良書である。
まず、サプリメントの基礎知識を述べる。これは重要なので記憶したい。
サプリメントをとるのは、食後すぐ。食事の補完をする意味からも、この時間がベストということだ。また、飲むときは水かぬるま湯で。
どのくらいの量をとればよいのか?その点は日本人は所要量またはその2倍が多い。アメリカでは5倍あるいは許容限度まで、とのこと。
私自身の採り方はアメリカに近い。とくに育毛関連サプリメントは大量摂取しています。害があっても責任が持てないのでオススメはしませんが、私はスピルリナの大量摂取で、髪を急速に増やした実績があります。
栄養ドリンクについては、この本は消極的な意見で、サプリメントと、水でよいのではないかという意見です。
どのくらいの期間のむのか?それは1か月試して効果がないなら継続する必要はないとの意見です。
天然サプリメントがよいか、合成サプリメントがよいかはケース・バイ・ケース。
さて、いよいよ髪の毛のサプリメントについて。
同著の97ページにかなり詳しく掲載されている。
抜け毛や白髪が気になる人には、ビタミンA,B群、E,亜鉛、鉄。
これが結論。
抜け毛を抑える効果はビタミンA,B群
発毛効果は亜鉛と鉄。
頭皮の血行をよくするのがビタミンE。
髪の毛の発育には葉酸、亜鉛、鉄などが有効。
他にも参考となるのが、ストレスに効くサプリメントである。
ハゲ・ストレスを解消することで、髪は元気になります。
同著65ページに記載されているストレスに効くのは、ビタミンB1、
ビタミンC、カルシュウム、マグネシュウムである。
これらを摂取することで、ハゲ・ストレスが軽減されれば、情緒不安もなくなり、明るく過ごす気持ちになれますね!!
オマケに目が疲れる人用のサプリメント。
育毛と目は非常に関連があるので、ここも大切なところ。
目に効くのは、ビタミンA,B群とCである。特にAは、目のビタミンと呼ばれている。

さて、こうして読んでみると、抜け毛対策や各種の症状について、この本では、ビタミンを推奨しているように感じる。
ビタミン剤を飲むことは、育毛・発毛だけでなく、体全体にとってよいものと私も思っている。もちろん私自身、ビタミンEは20年以上前から、飲んでいます。育毛をはじめ、若返りの効果はたしかにあります。