育毛に絶大な効果のマシュマロ・ローション。

テレビで大反響の手作り育毛液

作るのが面倒くさい! と思ったあなたは、脱毛の危険度が高いかも。

育毛・発毛情報の感想・レビュー。

今回は、手作り育毛液を解説した書籍のレビューです。


『 髪が生える! まつげが伸びる! マシュマロ・ローション 』

埼玉大学名誉教授 高濱 素秀 監修  マキノ出版発行

2006年5月発刊  定価780円


育毛剤を手作りする、という方法はしばしば健康雑誌が取り上げている。

しかし、この本は一冊まるまるマシュマロ・ローションの説明であり、この育毛剤の評価の高さをうかがわせます。

育毛マシュマロ・ローションの本の監修は、国立大学の名誉教授であることからも、信頼はできるのではないでしょうか。

この機会に言っておこう。

ネットや書籍で育毛剤、育毛情報、育毛食品の情報を仕入れたとき、どうするかです。

今まで、あなたは「育毛剤を手軽に自宅で作る方法」のようなものを、雑誌や、育毛書籍、あるいはネット検索で手に入れたことが一度はあるのではないでしょうか?

大切なのは、情報を得た時「すぐ試したか」どうかです。

私が知る限りでは、育毛に成功する人は、情報を大量に仕入れ、その中からいくつか実践し、結果を待つというパターンの場合です。

「面白い育毛法だ。効くかもしれないな・・・」だけで終わり、実践せずに5000円の育毛剤を薬局で買って髪にふりかける。

こういうパターンでは、育毛成功は難しい。

育毛法は、現在は研究が進んでおり、かなりの度合いで、遺伝的脱毛ですら、克服する方法があるのです。

体質改善、頭皮改善でをして、遺伝的要素も克服できる情報はあるのです。

しかし、本当に効果のある方法は意外と面倒くさいので、実行しない。

時間と髪の毛のムダで、もったいないです。

で、今回のマシュマロ・ローションも、発毛知識だけにとどめず、実行してほしいと、心から願っています。

私もできる範囲で、検査・調査をしています。

マシュマロ法を本格的に取り入れるのは4月頃なので、今は、育毛効果については述べる権利はありません。

情報のみお届けします。

本の表紙には「テレビで大反響の手作り育毛液」とある。

まず第一に、本に載っている発案者の先生の顔写真を見る。


意地悪なくらい、ひたいの部分などをチェック。


これは、育毛情報を集めてきた者の性(さが)ですな。

「発案者は、ちゃんと髪があるのか?」は重要ポイント。

当然、髪の毛の無い人が素晴らしい育毛効果をうたっても信頼性は少ない。

発案者の年齢的な面も考慮し、まずは問題ないとみた。

以前、「ガンをも治す!最後の超念力者 奇跡の病気治療パワー!」みたいな本があった。

育毛にも効くかと思い、手にとって見ると、超念力者髪の毛は・・・・・。

ガンは治せても、育毛はムリなのか、という失望感。

「あなた、本物の病気治しの超能力者ですか?」 と問いたくなるのですね。

同様に、「青汁」は健康に良さそうですが、長年の愛飲者が写真入で紹介された時があって、その方が、かなりの薄毛状態でしたので、私の思い込みかもしれませんが、「青汁は、育毛には効かない」という固定観念ができました。

続きは、次回に、マシュマロ・ローションの実際について述べます。

それまでに、マシュマロを5個、クコの実を10グラム。キウイ2分の1個。ホワイトチョコレート10グラム、焼き海苔2分の1枚を用意しておいてください。

作りましょうよ。きっと効きますよ。

ちなみに、育毛液は食べるのではなく、塗ります。

おいしそうな材料ですよね。

 

サロンなどの施設に行く前に!フィンジアをお試し下さい!