ハゲの悩みは男性だけではありません。

女性にも脱毛、抜け毛の悩みはあるのです。

男性型脱毛症と、女性脱毛症はタイプが違います。

どこが違うかは、ともかく、女性は治りやすい。

結論から言うと、女性型脱毛の方であれば、育毛剤だけでも、かなりの効果が見られるのではないでしょうか?

まずは、レビューを開始しましょう。

雑誌『健康』 平成19年4月号特集の育毛記事をレビューします。

まず、女性型のハゲの特徴は何かというと、男性型ハゲがひたいや頭頂部からハゲていくのに対し、女性型ハゲは全体的に髪が弱弱しい感じとなり、全体的に髪が薄くなります。

毛穴からの本数も少なくなり、髪の毛そのものがやせ細るためハゲとなるのです。

結論から言いますと、桐の葉エキスの育毛剤「リリジュ」をつけるとよいでしょう。

私は試供品を使っただけですが、成分的にもなかなか良いものだと思います。

効きそうな感触はあります。

育毛剤「リリジュ」を6か月使ってみれば、その効果は実感できるのではないでしょうか。

私は、この育毛剤を宣伝しても、1円のためにもならないのですが、良いと思いましたので紹介します。

男性型ハゲにくらべ、女性型ハゲは治りやすいので、心を楽にして取り組めばよいのです。

男性型脱毛症は、残念ながら、「育毛剤だけで治る」というわけにはいかず、漢方の力を利用し、育毛体質に体質を改善しつつ、効果のある育毛剤を見つけ、活用しないと髪は生えないのです。

男性型脱毛の遺伝子との戦いは、粘り強く継続していくことです。

ちなみに、リリジュの値段ですが、

早期予防の「リリジュミスト」が130gで3150円。

女性型脱毛のための育毛剤「リリジュセレア」が150mlで9345円。

女性の髪のトラブルには、太いコシのある髪をよみがえらせ、髪のもとになる毛包細胞を活発化させねばならないので、桐の葉エキスで細胞の再生を図ることが効果的です。

また、カツラにせよ、女性のカツラは男性がかぶるカツラほど「からかわれる(?)」度合いは非常に低いですね。

治りやすく、カツラもOKで、髪の毛が薄いことについては、男性が、だんぜん厳しい状況です。