髪の毛に関する正統派の理論が書かれた本。

発毛に関する有益な情報が入手できるので、買っておきたい一冊。


『夫のハゲはなぜ癇にさわるのか?』  高橋フミアキ著

幻冬社 販売    2007年3月30日1刷  1200円



多くの「ハゲ本」と同じように、

1.ハゲはこんなにも、つらいことだ。
      ↓
2.ハゲる理論と髪の毛のサイクルや髪の毛を増やす方法
      ↓
3.書籍内で紹介している某育毛サロンにくれば、ハゲの悩みは解消!!

というパターンで書かれている。


「発毛」とくれば、もう有名な会社ですね。

そこの発毛会社のPR書籍ともいえよう。

カツラの会社ではないので、この本で、予備知識を得てから、相談するのは、悪くないと思う。


では、レビュー開始。

ハゲのエピソードも多く、読ませる内容です。

そのなかで、さりげなく「おどし」の部分がある。

社内旅行で、うしろ姿を写真で写され、そのときに自分の頭頂部のハゲに気づき、愕然とする話。

恋人と夏に海に行き、髪が濡れたとき、髪が少ないのがわかり、気まずくなる話。

子どもが、お父さんのハゲを友達に見られたくないので、幼稚園へ来ないでという話。

などなど、ハゲた人の苦悩が恐怖談のように語られる。


もちろん、それは、某発毛サロンへの誘い水でもあるわけだ。

それとわかりつつ、私は「良好な書籍」と評価する。

ハゲ対策には、なによりも情報が必要なのです。

育毛サロンでは、どういうことがおこなわれているのか、その一端でも知ることは、髪を生やすのに役立つ。


では、髪を生やすためのポイントを列記しよう。

1.ストレスをなくす。少なくする。

2.カツラや植毛にいったん手をつけると、あとは非常に大きな出費がつづく。

3.髪によい食材・・・蛋白質(魚類、鶏肉、卵、ゴマ、大豆製品)をはじめ、海藻類、野菜類、コラーゲン、銅、亜鉛とビタミンなど。

4、シャンプーは天然成分のシャンプーを使用する。

5.食事で摂取できない栄養は、サプリメントで補給する。

6.髪は必ず生えると信じて、行動する。


「薄毛の場合、隠せば隠すほど、尊厳は失われていきます。なぜなら、それはみせかけの尊厳であることを、すでに衆目が認識していることだからです」

著者はこう言うとおり、私たちの目標は、ハゲ隠しではなく、自分の髪の毛を、生やす、復活させることにあるのです。