育毛情報は、育毛成功の決め手です。

このサイトを見ているあなたは、髪の毛がぼうぼうに増える可能性はきわめて高いと断言できます。

アメリカの不老の研究や、日本、中国の漢方の知識により、いまや、不老、若返りは夢ではなく、現実そのものなのです。

育毛情報を知り、その知識にもとづき実行し続ければ、髪の毛を復活させ、10年前のあなたの顔に戻ることができます。

さて、今回レビューするのは、

『イケてるオヤジにすぐなれる!見た目が10歳若返る7つの方法』

著者 外見プロデューサー 服部彩香

発行 中経出版   価格1300円  2006年6月刊

です。

若返るための7つの方法を、次の7章にて解説している。

1.見た目はいくらでも若返る

2.若々しい顔づくり

3.髪の毛で若さを演出する

4.表情で若く見せる

5.若さみなぎる体をつくる

6.ファッションで、見た目年齢をコントロールする

7.プラスαの若返り術

である。

そのどれもが、若さを印象付けるポイントであることは、わかる。

だが、最も注目すべきは、第3章に決まっています。

第3章「髪の毛で若さを演出する」こそ、読むべき最大のポイントとなります。

髪の毛で若さを演出することができることは、誰でもわかっている。

ハゲていると、実年齢よりずっと歳をとって見えることは、あたりまえのことです。

ハゲていれば、若々しいヘアスタイルをすることが、そもそもできません。

ハゲ、薄毛の場合、ヘアスタイルは大幅に制限されるのです。

さて、著者は23ページにわたり、髪の毛による若返りを解説している。

薄毛になったときのヘア・スタイルとしては、オールバックのヘアスタイルと、髪の毛をハード・ジェルで立てるもの、そして、髪の毛は短めにすることを薦めている。

まあ、常識ですわな。

「1対9分け」ヘアを素晴らしいという意見などは、私も聞いた事はないですから・・・・・・。

私自身の意見では、有名人では、所ジョージさんのように、明るい色に染め、髪を短くすると一番オシャレな感じです。
しかし、まあ、普通のサラリーマンには無理な格好ではありますが・・・・。

さて、当然ではあるが、この本でも、「本当に髪の毛を増やそう、というポイント」にも言及しています。

○薄毛や白髪の人は肩がこっており、首や頭のツボを押して、血行をよくしよう

○育毛剤は必ず使用し、トリートメントも使用せよ

○血行を促進するヘア・ブラシのブラッシングを毎日する。

○ヨガを基本とした、頭を下にするストレッチにより、髪の毛が生える

ということです。

基本的なことではありますが、若返り、モテるオヤジになるための方法に髪の毛が取り上げられた点で、良書としておすすめできます。

漢方の力について、著者が詳しければ、効果の高い育毛漢方について解説でき、多くの人が髪の毛が増える実感が味わえたのに、と少し残念に思う部分はあります。