抜け毛を防ぐ方法を、皮膚の権威が語る。

今回の育毛関連情報は、書籍『素肌美人の化粧品チェック』
大門一夫 著です。

さて、「髪の毛と皮膚」は密接な関係にあります。

この本は皮膚についての著書でありますが、抜け毛、ハゲ、白髪、フケ、などにも言及しているのです。

では、肌をすこやかに保つ8か条をみてみましょう。

皮膚についてのものですが、そのまま、髪の毛をすこやかに保つノウハウとして覚えておくべきです。

まあ、育毛に関心のある人には常識的過ぎて、新しさはないですが、基本をおさえるという意味で紹介します。

これ自体は新しさはなくとも、必要不可欠であるのはたしかですから再確認しましょう。

1.睡眠不足していないか

2.夜更かしをして汚れた空気のなかで遊んだり生活していないか

3.甘いものや刺激の多いものを食べ過ぎていないか

4.脂肪の多い食品をとりすぎていないか

5.インスタント食品を食べ過ぎていないか

6.便秘がちではないか

7.心配事や神経を使う仕事をしていないか

8.ストレスがたまりすぎていないか

以上です。

まさに抜け毛を防ぎ、育毛をめざす場合のノウハウそのものですね。

髪の毛についての記載事項はこかにもも多いですが、あなたに必要なのは一部です。

それは「ミネラル不足」による脱毛についてです。

私の長年の調査・研究でもミネラルが髪の毛に重要なことはわかっております。

育毛の専門家で「みるみる髪が生えてくる」の高橋由美子先生も、著書のなかでミネラル不足による抜け毛を指摘しています。

結論だけ言います。

髪の毛をぼうぼうに増やしたいなら、

亜鉛、セレンというミネラルを摂取しなければなりません。

著書では明確に記載されていませんが、私は「サプリメント」で摂るしかないと思います。

あと、これも非常に重要ですが、肌も髪の毛も、日焼けには注意する必要があります。

夏の海水浴など、いくら楽しくても、肌や髪の毛は大きなダメージとなり、抜け毛を引き起こします。

アロエの成分のトニックなどを髪につけると、いくらか防御できます。