育毛を学術的に考える。

頭髪に関する正統派の理論です。

さっそく、レビュー開始!!

書籍名『毛髪の話』 井上哲男 編著

文藝春秋新書  平成15年出版

です。

毛髪の一般的なことは無視して、

「髪の毛が増える」というワンポイントにしぼってみていきます。


男性型の脱毛症については、原因が遺伝の部分が多いのですが、著者は、

「直接的にはホルモンの変化によるエネルギー供給不足である」

と言っています。

ハゲは栄養不足によるというのが、著者の見解です。

薄毛、抜け毛は、毛母細胞が毛乳頭から充分な栄養を補給できず、エネルギー不足から毛髪のタンパク質ができなくなり、栄養不足の細い毛になるというのです。

ですから、まず対策は、

1.できれば毎日。少なくとも2日に1回は洗髪すること

2.育毛剤、頭皮マッサージは必要

3.大豆製品を継続して摂る

4.特定の食品ばかり食べるのではなく、バランスよく食べる

5.女性の方は、育毛のためには、ダイエットなどは注意して行なう

6.健全な体でなければ、健全な髪の毛はえられない

などです。

育毛に関しては、地味な処方ですね。

まじめに、抜け毛対策を考えると、こういう方法なのでしょう。
参考サイト
薄毛解消の運動
薄毛解消のサプリメント
情報の収集
女性のカツラ