毛髪川柳という本が人気です。

「毛髪川柳」 日本文芸社 発行

ですね。
イラストつきで、なかなか笑える川柳がでています。

ハゲは笑われる、という覚悟が必要です。

ハゲたら笑われる。

笑われたくなかったらハゲるな、ということです。

努力して、育毛に励む必要があります。

この世は心優しき人ばかりではありません。

天使に近き人物もいますが、悪魔に近き人も、また、いるのです。

あなたの薄き頭髪を嗤って、からかって快感を覚える人がいるのです。

あなたが、ハゲをからかわれて悔しい思いをしているのに、まったく気づかない鈍感な人物もいるのです。

あなたのハゲをからかって、

「へっへっ、皆にウケた。俺ってユーモアのある男だよな〜」

と、うれしく思う人もいるのです。

天使に近き心情の人も、悪魔に近き心情の人もいるのが、この現実の世界なのです。

ですから、

1.ハゲをからかわれても、気を悪くしない強い心を作る

2.ハゲないよう育毛の努力をする

という二つの選択肢があるわけですな。

私も、あなたも、2番目を選択すればよいのです。

それは可能だからです。

で、毛髪川柳の一句に

「25です」 ギャグと思われ 大爆笑

というのがあります。

髪の毛が薄いと、20歳、30歳年上にも見られます。

髪の悩みを抱えている人が増えています。髪の悩みで一般的なのは髪が抜けてしまうこと、髪がうすくなってしまうこと、白髪になってしまうことなどさまざまです。

髪が抜けてしまったり、髪がうすくなることは男性に多い悩みと思っているかもしれませんが、女性にも同じ悩みを持っている人はたくさんいます。

髪の悩みに対して、何故そこまで真剣になってしまうのか疑問に思ってしまうかもしれません。

でも髪が抜けしまった自分を想像してみて下さい、そして髪がうすくなった自分を想像してみて下さい。外見も印象も髪の悩みがない頃とはガラッと変わってしまでしょう。

やはり人間にとって第一印象は大切です。

髪の悩みは男性には切実な問題だと思います。ある程度の年齢になると、薄毛や抜け毛が誰しも気になるはずです。

異性の目も気になります。

男も、女も、本音ではいつまでも「モテテいたい」のですから。

肉体的にも精神的にも、まだまだ若いと思っていた矢先に髪の毛が薄くなり始めた、なんてことになったら、一気に老け込んでしまって、家族や周囲からも若々しい印象を持ってもらえなくなるのです。

ですから、正しい育毛法で、髪を増やしましょう。

再現性のある育毛法は、もう確立されているからです。

実行すれば、髪は生えます。

実行しなければ、髪は生えません。