育毛の革命とは大げさと思われるが、読んで見ると確かに革命なのかもしれません。

飲む育毛剤で男性型脱毛症の99.7%が改善!

5000人の治験者が体験した驚異の薬!

ということです。

プロペシアという名の薬の成果は大きいのですね。

今回レビューするのは医学博士の佐藤明男氏の著書

『医療的育毛革命』 講談社2007年10月20日発行です。

まず、私はあなたに、この本をお買いなさい、と言いたい。

数ある育毛情報書籍でも、この本は買っておかねばならない本の1冊なのです。

今は出版されたばかりで、書店にも多くあります。

税別800円です。

育毛情報商材が2万円程度ですが、その価値ははるかに大きいこの書籍が800円なんですよ!!

医学博士の書いたこ本が800円。

私が思ったのは、プロペシアのために救われる人は多いだろうなということ。

99%が体験できた発毛はありがたいことです。

そして、プロペシアの副作用についても、一般に言われているより安全性は、はるかに高いことがわかります。

もっとも、私は、この書籍を読んだ今でも、自分が実践するのは

育毛漢方療法

ですが。

この書籍ではハゲゆく男性の心の悩みにまで言及していますが、その態度がやはり素晴らしい。

多くのハゲ関連書籍は、

1.ハゲはこんなにもみじめですよ。
2.このままだと、あなた、笑い者ですよ。結婚もできませんよ。
3.でも、私の販売する○○を購入すれば、ダイジョウーブ!!

というパターンです。

うんざりするワンパターンですな。

今回の書籍は学術的に考えられており、また、効果の前後比較の写真も信頼のおけるものです。

この書籍は、あと数回レビューする価値がありますね。

私がこの本の前半で気に入った部分は、このプロペシアは確実な成果がでているということにあります。

育毛、発毛を希望するなら、確実な方法として存在するのです。

ミノキシジルは塗布するものですが、はじめは口から摂取するような研究もあったらしい。

動物事件で、犬にミノキシジルを飲ませると、心臓が破裂したことから、口から摂取するのではなく、頭皮に塗るように開発したとのこと。

さすがに、いくらハゲがいやでも、心臓が破裂するのは勘弁して欲しいですよね。