髪の毛の育毛、発毛対策にはアミノ酸がよいということは、あなたも見たり、聞いたりしたことがあると思います。

飲んでもよし、またシャンプーでもアミノ酸よ含んだものは育毛効果が高いといわれます。

今回は、アミノ酸について説明された書籍を解読しましょう。

「超・能力栄養素 アミノ酸がすごい!」 医学博士 三條健昌監修

さっそく「髪の毛の発毛」に役立つ部分のみを、抽出していきましょう!

まず、髪の毛はたんぱく質でできています。髪の毛を育てる毛根細胞もたんぱく質なのです。

詳しいことは述べませんが、

「アミノ酸はたんぱく質合成には非常に重要」

ということを理解すればよいだけです。

アミノ酸は髪のの生育に必要なたんぱく質をつくるので、当然、髪の毛が丈夫に、太く、量も多くなるという理屈ですね。


同著の106ページには、

「長期間(3年〜5年)アミノ酸を服用している人の中には、髪が黒くなってきた、髪が濃くなってきたと、顔をほころばせている方がかなりいるのだ」

ということです。

ここで大事なのは、理論ではなく、まあ、理論も知っておいたほうが、いいのですが、アミノ酸を摂取するという行動が重要です。

私がこの書籍を読んだ感想は、アミノ酸は髪の毛や肌に非常によいものである、という確信です。

同著では粉末のアミノ酸やチューブ入りのもの、ペットボトル入りのものものが紹介されている。

私はコンビニでチューブ入りのゼリー状アミノ酸を購入し、時々摂取するようにしています。

1個200円くらいですね。

テレビCMなどでは「朝食の時間が取れない人が、チューブ入りのゼリ−状飲料を飲むシーン」がよく流されてます。

詳しくアミノ酸の効果を知りたい人は、参考になる書籍はたくさんあるので、読んでもいいでしょう。

ただ、大事なのは、今度コンビニやスーパーに行ったなら、アミノ酸の飲みものを実際に購入し、摂取することなのです。

また、サプリメントになったアミノ酸商品を摂取してはどうでしょう。

発毛対策にはアミノ酸が大きな効果をだすと思われます。

また、シャンプーもいいのです。

同著116ページには、

「アミノ酸配合の化粧品やシャンプーを使うと、肌がしっとりしたり、髪にうるおいが出てくるのは、アミノ酸の作用によって素肌や髪に水分がしっかりと供給されるからなのである」

と書かれています。