育毛に良く効くサプリメントが紹介されており、即効性高く、費用面でも手軽に実行できます。私も重要視して実践し、よいものだと確信しています。

■■「バーバラ寺岡がすすめる びっくりトータル健康法」■■

  バーバラ寺岡著 日東書院 1988年発行 780円

バーバラ寺岡は「ドクダミ・ワイン健康法」で有名になりました。

この本では「レシチン」を取り上げています。

育毛を含め、バーバラの健康法に対する考えは安心できます。

「よい花をさかせるためには、土地をよく整地してから種をまかなくてはい

けないということです。このある意味でいちばん大事な作業をやらないで、

荒地の上にいきなりよい肥料やよい土(健康法)をのせようとするものだか

ら、さまざまな、弊害が出てくるのです」・・同著15ページより引用


この言葉は、健康法について述べられたものですが、育毛・発毛、抜け毛対

策についても、このとおり。

育毛・発毛を望む人は何度も、かみしめる必要がありますね。


育毛剤も、よいもの(その人にフィットしたもの)は、非常に効果があります。

しかし、発毛を成功させるには、その準備として、頭皮、体質が改善されていることが前提なのです。



さて、この本では最初に「3つの柱」が示される。

1、どくだみ
2、ゴマ
3、レシチン・・・・この本での「ハゲ対策」のキモです!!

である。

まずドクダミで、バーバラの肌は美しくよみがえります。この本ではワインではなく、お茶をすすめています。

ドクダミは肌によいのは定説ですね。
私もおいしいとは思いませんが、お茶にして飲んでいます。


2.ゴマ
次にゴマを勧めています。

バーバラの家系は、ハゲ系統と自ら語っているように薄毛の体質で、おでこが広く、細くやわらかい髪だったようです。

「実は子供の頃からの、コンプレックスになっていたのです」・・・・(同著29ページより)

しかし、ゴマを摂取することで、髪質は[見違えるほどよくなりました。色ツヤが増し、一本一本がずいぶん丈夫そうになったのです」とのこと。


ゴマが髪によいのは当然。ビタミンEや、セサミンの効果は有名です。

ゴマは若返りによいのです。


私もスーパーで、スチック型の袋に入ったゴマを食べています。

スチックの袋なので、量が適当ですし、新鮮なゴマが食べられます。


なお、黒ゴマで、皮をむいているものを選ぶことが大切です。

むいていないと、消化されないのです。


3、レシチン・・・・・・・・・この本のハゲ対策のキモですよ!!!

バーバラは驚きの体験を著書で語る。

「『髪の毛そのものを増やしてくれるような食べ物はないのかしら・・・』

とさんざん探しぬいた末に、やっと「これだ!」という手ごたえを感じるも

のに出会えました」(同著29ページより)


それがレシチンだったわけですね。

レシチンは、血管をキレイにする作用があるのは有名。

バーバラはレシチンを摂取するのに、ごはんにかけることを薦めている。

また、忙しい人にはトマトジュースに混ぜて飲むこともOKとのこと。


そしてバーバラ自身の体験では20〜30日食べていると髪の毛が生えてきた、ということである。

私も数年来レシチンを摂取しています。

レシチンとスピルリナは基本的な育毛促進の食品・サプリメントとして、私は強くオススメします。

レシチンは4000円位のを購入していますが、3か月くらいかけて飲んでいます。

比較的安価です。

ぬるま湯で、私は流し込むように飲んでいます。

ぜひ、まだ摂取してないなら、明日にでも購入および摂取を始めましょう。

バーバラは、レシチンを髪の毛のためだけにこの本で推薦しているのではありません。

体質が強く、美しくなるのですからある意味、魔法の食品なのです。

実践すれば結果はでてくると思いますよ!!

参考サイト
薄毛を目立たなくさせる
髪の毛美人はトクする
早く髪の毛を増やす法

薄毛体質の改善にはどくだみ酒を私はおすすめします。