髪の毛の悩みを持つ人には、私は漢方の育毛法をオススメしています。

26歳の時から51歳までの今まで、ずっと漢方の育毛法を続けてきましたので、本当に日常生活の一部です。

なじみの深い関係です。

私が漢方の育毛法を知ったのは、

高橋由美子著の「みるみる髪が生えてくる」でした。

非常に満足です。

ネットで調べていても、高橋由美子先生のノウハウで生えた人の体験談をよく見ます。

さて、漢方の育毛法は、べつに高橋先生だけではなく、誰もが実践して良いものです。

なので、他にも多くの実践者がいて、また指導者もいるのです。

今回諸プ介するのは、吉村和子さんの、

「漢方流で髪が生える」です。

東洋出版 1997第1版 1000円です。

さて、この本で実践すべき発毛法は、大きく分類して3項目。

1.冷えを取る。

2.ブラッシング

3.バランスのとれた食事

ということなのです。

あなたは、もう、こういう内容を知っていると思います。

冷えはハゲや薄毛の原因となります。血行をわるくするからです。

ブラッシングは育毛効果が高いです。頭皮の血行を良くし、頭皮に適切な刺激が与えられるからです。

バランスのとれた食事は育毛漢方の基礎となるのです。

日本の古来の食事がいいのです。

西洋風のものは、ハゲやすいものがあります。



以上、育毛についての常識、と言いますか、当り前の内容ですが、きちんと実行する人は少ないことを私は知っています。

ブラッシングはできるだけひんぱんに実行するとよい、と書かれています。

3か月で生やそう