ハゲや薄毛の因を断つ血液健康法を今回は紹介します。

私の30年近い薄毛研究の結果、わかったことは、血液がきわめて重要です。

ハゲや薄毛は血液が関与しています。

単純に「血行」というだけではないのです。

「血行」ではなく、血液の中身が重要なのです。


いま(平成21年12月)、芸能界でも問題の薬物問題。

薬物問題でわかったことは、薬物は血液に溶け込んで、髪の毛にまで到達すると言う事実。


「あぶり」という方法で吸入した薬物の物質は、血液に溶け込み頭髪まで行くのですね。

だから、髪の毛を分析したら、薬物を吸ったかどうかがわかるのです。


今回、紹介したいのは、岡田一好著の「血液健康法」です。

血液こそが、健康のかなめなのです。

ハゲも血液の内容をよくすると治ります。


著者はこの本では野菜によるハゲ治療については語ってはいませんが、私は食事の内容を改善し、血液の中にハゲを食い止める物質を溶け込ませ、その血液を毛根、毛母細胞を通過させ、髪の毛を育てることが重要だと思っています。


これは、岡田氏の見解ではないですが、


ほかの研究者の研究によって、

ウコン

ゴマ

大豆イソフラボン

カボチャの種

などに、ハゲを食い止める成分があることが分かっています。


こうした成分を積極的に取り込み、ハゲを治す血液を作るべきでしょう。


この書籍の中で、重要なポイントは、

血液の酸毒化を食い止めることが、すべての健康のもと。

血液を汚すもとは、「食べすぎ」「ストレス」です。

健康のためには重要なことは「正しい呼吸」「よくかんで食べる」となります。


今回紹介した「血液健康法」は、

岡田一好 著
初版は昭和53年。
平成11年に60刷。
発行 経済界
854円。



a href="http://kaminokezoiuka.sublimeblog.net/">薄毛体質改善法
育毛シャンプーの方法
育毛酒の作り方
頭皮の血行
薄毛を治すために
薄毛対策のための薬草
ドクダミ育毛で薄毛体質を改善・書籍資料編レポート