秋にドット増える抜け毛を、どう防ぐのか。


薄毛や白髪を一掃し、太い黒髪が生える最強のヘアケア作戦とは。


さて、今日は平成22年9月16日ですが、秋になってきました。


9月から11月は、抜け毛や薄毛に悩まされやすい季節なのです。


その秋を、どう乗り越えてら良いのか?


今回は2008年の健康雑誌「夢21」の薄毛特集から。みていきましょう。


002.JPG


まず、最初に、なぜ秋になると薄毛や抜け毛が起こるのか。


その理由を、「夏にあびた紫外線」などが原因としています。


雑誌の116ページから引用しましょう。


〜引用ここから


「夏の強い紫外線が当たると、髪の毛はパサついて、頭皮には炎症がおこります。
すると、頭皮の奥にある毛母細胞が傷つき、毛髪の成長が阻害されてしまうのです」


〜引用ここまで。


では、秋の薄毛対策は、どのようにしたらよいのでしょうか。


まず、第一に、抜け毛や薄毛を防ぐ第のポイントは、

「髪が生える毛根部のケアで、指の頭でもむように洗うこと」

という。


たしかに正しい洗髪がヘアケアの基本ですが、まあ、私は洗髪が、秋の季節の髪の毛を生やすとは考えていません。


が、まあ、いいでしょう。


洗髪が重要なのは確かなので。


ちなみに、第二ポイントは頭皮マッサージを挙げています。


夜の洗髪後に頭皮マッサージを行うと効果は最大とのべています。



第3のポイントは「黒酢黒豆」です。


黒豆の発毛効果は高く、黒酢のアミノ酸が発毛効果をもたらすのです。


第4のポインロは「キクイモ」です。


この雑誌発売時にはキクイモが育毛に効果があると注目されていました。


2年後のいま、それほど「キクイモ」は認知されていませんね。


まあ、効果がないわけではないでしょうが、すごく育毛に良いともいえないのですね。


そして頭皮の汚れを強力におとす「頭皮洗浄ケアブラシ」の広告も載っています。

私は、こういう商品は、買いません。


12800円とか。


無駄無駄無駄・・・・・・。


髪の毛は、こういうもので生えるものではないのです。


さて、今回紹介したのは、


「夢21」 2008年10月号

わかさ出版

500円です。


追伸:
秋の抜け毛、薄毛化は、かなり強力です。

コラーゲンなどを摂取して、髪の毛を太らせることを目指しましょう。


追伸です;

アンチ・プロペシアで、安全な育毛法をしよう。

もうハゲとは言わせない!薬物系育毛剤・シャンプーを使わない超育毛・発毛術『極楽育毛革命』メールサポート付き

私はプロペシアを中止した。