JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
育毛剤を自分の脳で作ると、費用もかからず、お得です。

今回はパーク・ヤン・スーという人の書いた育毛ノウハウです。


著者は美容師です。
 



このブログでは、この本で印象に残ったところをみていいきます。


著者の考えを一言で言うと、


「脳内育毛製薬工場」


という考えを持とうということです。


脳内育毛製薬工場とは?


それは、心と体をつかさどるのは脳であり、その脳の働きには髪の毛を生やしたり、健やかに保つ働きもあるはず、というのです。


だから、この脳内にある育毛製薬工場を活発に動かせば、髪の毛は薄毛になったり、異常な抜け毛が起きたりはしないという考えなのです。


私も共感しますね。


また、「原因」を理解することで症状を治していく「原因療法」という考えも述べています。


具体例として、カゼを引いたときに、

”邪をひくのは仕方ないと考える人


風邪をひくのは自分が悪いからだと考える人


の2種類あるのです。


著者は△旅佑方をすることがだいじであり、その原因を理解して、対策を考えようというのです。


まさしく髪の毛の対策にもあてはまるのです。


また、薄毛の原因の一つである「ストレス」にも言及しています。


「利他の心」を持つことでストレスは解消されていくので、利己主義の考えでは、なかなか頭髪も改善しないのです。


この本で面白いと思ったのは、育毛のために


毛がフサフサしている動物や、スクスク伸びている草木を見よう


というアイデアを述べているところ。


これは「フサフサ」という印象を脳にイメージすることで、体を反応させようということでしょう。



あと、お酒については「ワイン」を飲むとよいというのも、面白いアイデアですね。


赤ワインの抗酸化力がよいのでしょう。


追伸で〜す。

アンチ・プロペシアで、自然で安全な育毛法をしよう。

もうハゲとは言わせない!薬物系育毛剤・シャンプーを使わない超育毛・発毛術『極楽育毛革命』メールサポート付き

私はプロペシアを中止した。

それでよかった。