JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
 人気育毛剤のリアップX5の正しい使い方について。

雑誌「プレジデント」2011年9月号に、記事のようにしてリアップX5の広告が出ていました。


この雑誌の読者層は30代〜60代の男性でしょうから、薄毛に悩む人もいるのです。


「脱毛の対策は、日々の継続から」


という見出しがあります。


また、


「発毛の効果が認められた唯一の医薬品」


とも書いていますね。



まあ、あなたも、ミノキシジルが効果の高い育毛剤であることは知っているはず。


日本の製品では、「リアップ」ということになります。


この雑誌では2ページにわたりリアップX5の宣伝をしています。



一見、記事のように見えるのですが、ページの左上には「PR」の文字が。



「PR」なので、そういう気持ちで読んでいかなくてはなりません。



ポイントを箇条書きしましょうか。


1.主成分であるミノキシジルは、最初は高血圧の飲み薬として開発された。


ところが、治療中の患者に毛が生えてくるので、外用発毛剤として開発された。




2.ミノキシジル育毛剤は、現在世界40カ国以上で使われている。





3.リアップが対象とするのは遺伝性の薄毛、抜け毛である。



4.ミノキシジルは「毛包のミニチュア化」をおさえるべく、毛包に直接作用し、小さくなった毛包を大きく成長させる。つまり、細く軟毛化した毛髪を太い髪へと成長させる。



5.リアップX5は1日2階、頭皮に塗布する。



6.壮年性の脱毛症が進めば進むほど毛包の再生は困難になるので、抜け毛や薄毛が気になり始めたら、早めに実行するとよい。



ということです。



今回紹介したのは、


プレジデント2011年9月号

プレジデント社 刊

690円。




追伸でぇーす。

私はリアップX5については、好感を持っていません。



値段ですよ、問題は。


そりゃあ、販売者がいくらで売ろうと、自由には違いないのですが、



1本60mlで定価7400円は、いかがなものか?

「買いたい人だけ買えばよい」


というのも、さびしいよね。



で、ミノキシジル5%の有効性を知りつつも、私はリアップX5は買わない。


私が愛用しているのは、カークランドロゲインという商品ですよ。


12本で7900円ですよ。


ネットで検索したら見つかりますよ。


「電脳卸」というサイトで買っています。


12本で7900円。


すなはち、1年で7900円です。


こうでなくては、育毛を継続するのは難しいよね。