JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
 
育毛の新しい理論という触れ込みで本が出版されました。


それが、いま、注目の岡嶋研二さんの理論なのです。





2011年、この岡嶋博士の育毛ノウハウがネット上や週刊誌ではなかなかの評判のようです。


「新理論」とは言っていますが、


要は、


「大豆イソフラボンとカプサイシンの同時摂取」


が髪の毛を発毛させるというのです。


でも、この大豆イソフラボンとカプサイシンの同時摂取が発毛・育毛によいということが言われたのは、もう何年も前のことなのです。



ということで、この岡嶋博士の「新理論」が目新しいものとはいえないのですが、育毛効果があるのはもう、かなり普及したことだと思います。


でも、せっかく購入した育毛本なので、要点をもういちど見てみましょう。



具体策は


豆腐とトウガラシ

または、


豆腐とキムチ

などでよいのです。


が、今回、岡嶋博士が見つけた理論では、


インスリン成長因子IGF-1が育毛を促進する


というのです。


たしかに、このIGFー1が育毛を促進することは。私は初めて知りました。


このことは新理損ですね。


先天的にIGF−1が少ない人は、髪の毛が細く、若い時から薄毛になるというのです。


このことから、インスリン成長因子が薄毛を治す決め手になるかもしれないのですね。




ありがたいことに、豆腐とキムチを食べることはおいしいので容易です。


今日から、さらに熱心に豆腐とキムチを食べましょう。



著者は和食が育毛に良いと言っています。


これも昔から、


「欧米食がハゲを生むので、髪の毛を増やした方ら和足にしよう」


と言われてきました。


少なくとも私の薄毛遺伝子が活発化した昭和56年には、


「肉の多い欧米食をやめて、魚と根菜の多い和食を食べよう」


と言われていました。



新理論のIGF−1のことを知りたいなら、このサイトをみるとよいでしょう



岡嶋教授開発のIGF-I育毛理論による薬用育毛ローション「リッチハーベスト」