カツラを脱いだ有名人の素顔なのか?


ハゲるとどんなカッコいい男も、素敵ではなくなってしまうという写真です。

 

薄毛になると顔の感じが全く変化しますよね。

 

マイケル・ジャクソンも載っている「すっぴん・すあたま」の写真集。

 

 

 

おそろしい本です。

 

これはコンピューターグラフィックで作ったものだと思いますが、有名人で「カツラ疑惑」のある人の写真を、おそらく加工して、載せています。

 

こんな本を出して本人から訴えられないのでしょうか?

 

本のあとがきには、

 

「当書の一部はパロディです」

 

とは書かれていますが・・・・・・・・・。

 

 

さて、マイケルジャクソンさんは亡くなってしまいましたが、当時読んだ育毛関係のメールマガジンでは、

 

「マイケル・ジャクソンは痛みどめや、各種の薬剤のためか、頭髪は産毛ていどのものが生えているだけだった」

 

というようなことを書いていました。

 

メルマガ内容の真偽は、わかりませんが、ありうることだと思います。

 

 

体内のことは髪の毛に如実に反映されますから。

 

 

ただ、この本の中では、マイケル・ジャクソンは「すっぴん」の方にでています。

 

この本はイヤがらせのような、ひどい本ではあります。

 

が、私にとっては、なかなか価値のあるものなのです。

 

と言うのも、この本には美人の「すっぴん」とイケメンの「すあたま」がこれでもかとばかりに紹介されています。

 

そして「すあたま」写真を見ると、

 

「やはり、ハゲは恐ろしい・・・・・・」

 

というわかりきった考えに、あらためて行きつくのです。

 

韓国ドラマのイケメン。

 

日本を代表する二枚目俳優。

 

人気最高潮のジャニーズの一員などなど。

 

彼らのハゲの姿を見ると、とても「カッコいい」とは言えないのです。

 

顔はそのままに、髪の毛をハゲにするだけで、こんなにも「かっこよさ」は失われるのか・・・・・?

 

なんとしてもハゲになってはいけない、と思わされます。

 

まあ、あなたの知っている「カッコいい男性」を思い浮かべて、その髪の毛の部分だけをバーコードのヘアスタイルにしてみて想像してください。

 

あるいは「9:1わけ」の毛見型にしても良いでしょう。

 

著しく「ステキさ」が減少します。

 

いいかえれば、薄毛の髪の毛に髪の毛がフサフサに戻った時、あなたのカッコ良さは数ランクアップするのです。

 

もちろんモテ度もアップすることでしょうね。

 

たまにはこの「すあたま写真集」を見て、薄毛対策に向ける情熱をかき立てましょう。

 

 

 

追伸:

 

ネットにマイケルさんの頭髪について書かれていました。

 

引用します。

 

(引用ここから)胃の内容物に食べ物は一切なく、消化途中の錠剤だけで、これらは薬物検査にまわされたようだ。

 

また、マイケルさんの黒髪のウィッグの下にはうぶ毛程度の髪の毛しか生えてなく、ほとんど坊主の状態だったという。

 

ジャクソン家は、ロサンゼルスの検視官が行った司法解剖では満足できず、個人的に2度目の検死を要請しており、すでに完了していると報じられている。

(引用ここまで)