薄毛の専門医が語る毛髪科学の最前線


育毛情報は世にあふれています。

その洪水のようにあふれる「ハゲ対策」「発毛」「育毛」「養毛」などの情報の中から、適切な情報を選択せねばなりません。

ネットの世界では、薄毛やハゲに関する情報が高額で販売されています。

育毛情報商材は1万円から2万円はするのです。

そしてその多くが、ほぼ素人の体験談的なものなのです。

やはり本格的なハゲ、薄毛の情報は市販の書籍にあります。

専門家が書いた書籍が、信頼のおける頭髪情報となりますよ。

今回紹介する育毛関連書籍は、大阪大学医学部付属病院の皮膚科医ですよ。

 

 



信頼性はバツグンですね。

では、さっそく、育毛に役立つ部分を抽出していきましょう。

著者が言うように

「科学に基づく脱毛の根拠や、対処方法」

が書かれているのですが、結論は明快です。フィナステリドなのです。

医者は皆さん「フィナステリド」を育毛の最大のクスリのように言います。

これは、科学的に根拠があることだからです。

この本の著者自らもフィナステリドを使用し、発毛の効果を実感しているので、患者にも説明するときに説得力があるようです。

この本で参考になったのは、フィナステリドは若いうちに飲んだほうが効果が出やすいとのことです。

50代よりは40代が育毛の効果が出やすいとのこと。

また塗り薬であるミノキシジルも紹介されています。

今回紹介した書籍は、

「専門医が語る 毛髪科学最前線」

坂見 智 著。

集英社新書

2009年5月 刊

680円。