JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
薄毛やハゲ治療には、以前から「ツボ療法」がありました。


頭皮をはじめとした人体のツボを押すことで、薄毛の悩み、ハゲの悩みから逃れることができるとしたら、どんなにかうれしいことでしょうか?



今回紹介するのは、頭皮のツボに特化した本です。





この本のオビには、


「ひと押しのケアで、頭皮が20歳若返る!」


とあります。


「髪の毛がフサフサになる」


とか、


「20歳前の髪の髪になる」


とは書かずに、「頭皮が若返る」というのがミソか?



それはさておき、


さっそく育毛、発毛に役立つ情報を見て行きましょう。



というより、


この本1冊が、育毛に役立つ情報が満載なのですよ。



まず、一言で言うと、この本の趣旨は、


「野菜と同じで、頭皮という土壌をよくしないと、髪の毛は育たない。だから、頭皮ツボを押して、血液が潤滑に流れる頭皮に改善していこう」


ということなのですね。



私自身は、昭和56年からの、育毛生活31年の経験から、頭皮ツボは効果があると判断しています。



必須項目ともいえます。



昔からハゲの原因の一つに、



「頭皮緊張説」


というのがあるわけですよ。



頭皮がかたいと、ハゲ、薄毛になるということは、理容室の人の経験則だったのです。



私も大学生時代に、理容室の人に、



「か、かたいっ!!。このように頭の皮が頭蓋骨にへばりついて、突っ張っている人はハゲるんだよ」


といわれましたよ。



恐怖のハゲ予告宣言。



実際に3年後には、ハゲがスイッチ・オンになって、額の後退が開始されたのですよ。


その後、漢方の力により、50代の男性としては平均的な髪の毛ボリュームを維持しています。



ただ、どんなに努力しても、薄毛遺伝子のせいなのか、「フサフサ」というレベルではないですね。



理想はキムタクくらいの髪ボリュームが希望ですけどね。
 



さて、本題に戻りましょう。



この本に書かれている具体的なノウハウで、私が、


「これは、大事な発毛ポイントだ」


と思う項目が7項目ありました。




1.現代の日本人はストレスと肩こりによって、頭皮が固くなっているので、ほぐしてやらねばならない。


2.ストレスで脳に負担がかかると、血液のめぐりが悪くなるので、自律神経に関係するツボも、育毛には需要である。




3.リンパマッサージとリンパストレッチを組み合わせると、育毛効果がグンとあがる。



4.育毛と発毛のためには、 ツボ押しとともに、ミネラルとビタミンCを積極的に取る

オススメの食材は「ヒジキ」



5.アミノ酸がたっぷり入った手作り「タマゴのトリートメント」は、値段の高いトリートメント剤よりも、はるかに育毛効果が高い。




6.ツボ押しを忘れやすい人は、シャンプーのときが、ツボ押しの時間となる



7.女性は、女性ホルモンと抜け毛、薄毛の関係が深く、45歳くらいから、女性ホルモンの分泌が減少することで、男性ホルモンの影響が強まって、髪トラブルが起こる


以上。



この本では髪の毛の成育のためには、


食事とツボ押しで、髪の毛のトラブルのない頭皮をつくるべし


といいうことを言っています。


まさに、そのとおりです。



育毛のために大事な「ツボ押し」をマスターすると「一生もの」なので、役立ちますね。



ツボ押しの本は買っておくとよいのです。

 


今回紹介したのは、


「髪の悩みが9割解消する頭ツボ」


加藤 雅俊 著


だいわ文庫


683円。



追伸:


育毛のために役立つ「頭皮マッサージテクニック」が学べるDVDがあります。


私も購入して、体験をレビューしているので、読んでくださいネ。

追伸2:

頭皮の刺激には、私は、猪毛ブラシをもっとも重要視しています。

>>>猪毛ブラシでウブ毛を生やして、コラーゲンとスピルリナで大きく育てる


いずれにせよ、頭皮マッサージは必須項目なので、


正しい方法を身につけておきましょう。