JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

1年で薄毛を治した著者の育毛ノウハウが書き記された1冊。

今回取り上げるのは杉山哲矢の「ハゲからの生還」です。

 

 

著者の杉山氏は、以前、育毛情報商材の「ハゲからの生還」を販売していました。

 

なかなかの売れ行きでしたね。

1冊2万円くらいしていました。

 

本の内容はプロペシアおよびミノキシジルの活用により、薄毛を治すという方法。

一時期はかなり売れたこの育毛情報商材も、プロペシアとミノキシジルが一般的な育毛法として知られるとともに、売れ行きが落ち、ついには販売は終わりました。

 

内容としては悪くない内容でした。

 

2007年頃、つまり10年前には杉山氏の「ハゲからの生還」と佐野正弥氏の「育毛の達人」の2大育毛情報商材が競い合っていたのです。

 

 

■育毛の達人式Vol.2.2 自宅発毛法 2005年から現在まで既に1万名以上の方が購入 信頼と実績 自宅で簡単発毛法

 

 

 

その後、杉山氏は育毛サプリ「ボストン」の開発と販売を開始。

 

佐野氏も育毛商品の販売に主力を置いているのです。

 

さて、この「ハゲからの生還」ですが、同名の情報商材と内容は似ています。

 

プロペシアを活用します。

 

ミノキシジルも活用します。

 

それに育毛サプリメントを追加して、薄毛対策を実践します。

 

 

杉山氏の思想を一言でいうと、

 

 

「髪の毛のために悪いことを止め、髪の毛のために良いことを実行する」

 

ということです。

 

納得がいきます。

 

 

本著書から特に目新しいものは感じませんでしたが、

 

「身体を鍛えるために運動していたら、髪の毛が生えていた」

 

というのは、重要な部分です。

 

頭皮や髪の毛のことばかりケアしても、効果は少ない。

 

髪の毛は身体の一部なので、身体が健康になると髪が生えるということが言えますね。

 

運動だけでは薄毛は治せませんが、大きな要因にはなるのです。

 

運動に加えて、杉山氏の開発した「ボストン」も飲んでみたらいいでしょう。

 

育毛サプリメントBOSTONはこちら