JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

 

ブロッコリーでハゲを治せるのです。

 

ただし、「ブロッコリーだけ」ではないことに注意しましょう。

 

育毛においては「〇〇だけで髪が生える」ということは、私の経験上、なかった。

 

色々なことを、並行して実践しないといけないのです。

 

さて、ブロッコリーによる育毛法です。

 

 

この本はブロッコリーの効能について書かれている本です。

 

本の中では、ブロッコリによる薄毛改善効果も書かれています。

 

 

今回取り上げる本は、

 

「ブロッコリ−で楽々やせる!病気を撃退!」

 

マキノ出版 平成29年9月19日発行  750円。

 

さて、薄毛改善の部分を解説してまいりましょうか。

 

 

本書の46ページから発毛効果について記載があります。

 

中見出しが、

 

「発毛率98.7%の発毛技能士が絶賛! ブロッコリーは薄毛・白髪の悩みに著効を発揮」

 

とありますね。

 

発毛技能士という職業があるのですね。

 

知りませんでしたが・・・・・。

 

では、読んでみますと、まず「スプラウトで毛乳頭が増える」とあります。

 

つまり、ツルツルに見えても頭皮の下では毛根は生きている。

 

その毛根に栄養を届けることで発毛するという考えです。

 

ブロッコリーに含まれるビタミンD、ビタミンB群、亜鉛が髪の毛を活性化するわけです。

 

近畿大学の薬学部の研究では、スプラウトエキスにより、毛乳頭細胞が1.8になったとか。

 

細胞分裂が活発化して髪の毛が生えるのです。

 

 

ちなみに、スプラウトとはブロッコリーの真目のことです。

 

そしてそして。

 

東京医科歯科大学の研究では、ブロッコリー、とくにスプラウトに豊富に含まれているスルトラファンという成分に、ジヒドロテストステロンを抑える効果があることがわかっているのです。

 

これはすごいよね。

 

育毛に関心のある人は「ジヒドロテストステロン」はおなじみの名前ですよね。

 

一言で言って「ハゲ要因」。

 

遺伝的なハゲの要因。

 

プロペシアで抑えなくてもブロッコリースプラウトでも抑え込むことができるのですね。

 

ブロッコリーの栄養により、白髪も黒髪にもどる事例もあるのです。

 

 

 

 

 

【実践に向けて】

 

私はよく思うのですが、「育毛情報は実践しないと無益」ということ。

 

ブロッコリーが効果があるとわかったら、今日からブロッコリーを取り入れれほしい。

 

まずは毎日の食事でブロッコリーを含めた野菜の摂取を心がける。

 

きっと不足するから、野菜スープ。そして野菜ジュースを飲むことです。

 

参考

 

遺伝性のハゲを治すための野菜スープ写真サイト

 

私の飲んでいる野菜ジュース。

小さめの缶の良質な野菜ジュースを1日に2本飲んでいます。

 

 

写真右が「緑でサラナ」というサンスターのジュース。

ブロッコリーが主成分なので、育毛にはもってこい。

コレステロールを下げる!緑でサラナはコチラ

 

 

左の伊藤園の野菜ジュースもなかなかの成分ですよ。

一皿の料理のように濃厚!伊藤園の野菜ジュース