薄毛の宿命をのがれ、カツラと植毛を必要としない
 
薄毛は病気ではない。

 

ハゲは保険がきかないというのは、ハゲ、薄毛は病気ではないと判断されているからだ。
でも、薄毛やハゲになったとき、誰しも「治そう」と思うはず。
その心情は、病気とみなしているのと同じ。

 

 

 

 

この育毛本では、早めの薄毛対策をすれば、ハゲを遅らせることができると解説している。

 

「ハゲを遅らせる」という言い方をして、「ハゲを治す」とは言っていない。

 

タイトルどおり、ハゲてしまっては「遅い」という考えなのだ。

 

 

実際、私も薄毛やハゲの人を見たとき、「ああ、この人はこうすれば髪の毛が生えるはず」という気持ちになることがあります。

 

反対に、「ここまでハゲが進行すると、もう漢方やプロペシアでも髪の毛の復活は難しいかも」と思うこともある。

 

ハゲてからでは遅すぎる、というタイトルどおり、早い目の対策が重要なのはたしか。

 

では、育毛に役立つノウハウ部分のみ、この本から抽出していこう。

 

ちなみに、この育毛本では多くの専門家が登場して、抜け毛やハゲについて語っている。

 

.咫璽觜敲譴侶亳投与とミノキシジルの塗布

 

∪鎖静ストレスを解消する

 

たとえばアートネイチャーの毛髪診断を受ける

 

に椶涼罎任梁慮鈎未茲蝓ΑΑΑΑΑ崙皮が固くて、前後に動きにくい。サロンで頭皮マッサージを受けたら髪の毛が増え、抜け毛も減りました。けれど、サロンが閉鎖になったのです」

 

ヂ慮鈎未茲蝓ΑΑΑΑ屮縫紂璽好ン社のシャンプーと頭皮用トリートメントが良い」

 

Ε魯欧慮彊はストレスと食生活の2つが最大原因。だから、3食をきちんととり、ストレスをなくすべし。

 

Г海泙瓩淵轡礇鵐廖爾牢靄榁罎隆靄

 

┘織丱海聾困蕕垢、やめるべし。

 

体験談より・・・・・「ロゲイン6%をインターネットで購入したところ、1ヶ月目から生えてきた。産毛が濃くなりつつあります」

 

 

今回紹介した育毛・ハゲ本は、

 

「ハゲてからでは遅すぎる」  

 

HAGE防止研究プロジェクト編小学館文庫  

 

2000年3月 初版  定価457円