薄毛についての対談 清水ちなみ


薄毛とハゲについての対談が面白い。

 

ハゲについて、清水ちなみさんがショージ君と対談する内容だ。

 

清水ちなみさんは、ハゲの世界ではけっこう名前が知られている。

 

ハゲの研究をライフワークのようにしており、対談のなかでも、なかなか奥深い頭髪に関する知識を披露していますよ。

 

清水氏の発言で、

 

「毛包には2種類あって、いつまでも毛を生やし続ける毛包と、時期がきたらハゲるつもりの毛包がある」

 

というように、わかりやすい解説とユーモアもあって、一読をすすめたい対談となっているのです。

 

「楽しむために本を読むのではない、役立つ育毛ノウハウを読みたいのだ」

 

という私の理念に従い、発毛に役立つノウハウを抽出します。

 

.▲奪廛献腑鵑箸いΕ▲瓮螢の会社の「リゲイン5」という薬は、てっぺんのほうのハゲを治す薬であり84%の有効数字が出ている

 

∪郷綮瓩聾朕様入で「リゲイン5」を手に入れた

 

リゲイン5の成分はミノキシジルである

 

だ髪は、あまり洗いすぎるとよくないと言う説がある

 

ダ髪にホホバオイルがいいという話もある

 

ζにグラシなどで叩く方法について清水氏は「それでバッチリ生えたという話は聞いたことがない」と話している。

 

Д轡隋璽厳が「頭部に肉がついていないのが、髪の毛に一番良くないという説がある」という質問に、「私はその辺は(笑)、たしかに肉があればいい毛が育つでしょうし」と回答。

 

 

今回紹介した育毛関連情報は、「ショージ君の養生訓」 東海林さだお 著文藝春秋版  2005年初版  1333円