薄毛や抜け毛は食事で治る「核酸」療法

薄毛は食事治ります。

ハゲや薄毛は食事が大きく影響しています。

ハゲや薄毛は「老化」とみることができます。

子どもはハゲませんから。

20代から、頭髪関連の細胞が老化するとハゲるのだという見方ができます。

だから、食事で老化を止めると、当然、髪の毛も生えるのです。

これは、私がテキトーに話していることではないのです。

ノーベル医学生理学賞からの大発見なのです。

本の表紙には、心強い言葉がかかれています。

         ↓

シミが消え、髪の毛が生え、体力が戻ってきた核酸食事療法
 

 



ということです。髪の毛が生え、というのがうれしいのですね。

今日は、あなたにも、特に注意して読んでほしいのです。

ズバリ、効果が高いと実感できる発毛ノウハウなのですよ。

1本5000円の育毛剤よりも、私の感じでは100倍発毛効果が高いノウハウです。

しかも、イワシの缶詰を週に4回食べ、サケを週に1回食べるという、実行が容易な発毛ノウハウなのですよ!!!

今回の本は特に重要なので、写真も縮小せずに、大きく載せておきましょう。

この本は買うべきですよ。

発毛の関連の有料情報などを2万円出して買うよりも、この本の方が、あなたの髪の毛を実際に増やしますからね。

でも、まあ、あなたには一刻も早く、発毛ノウハウを実行してほしいので、私が重要ポイントを抽出しましょう。

ではいきますよ。


―気4回イワシを食べる。缶詰が良い。

⊇気1回サケを食べる

週に1回エビ、カニ、貝類を食べる

そ気1回何でもいいので魚を食べる

ソ気1回レバーを食べる

週に1回か2回カブを食べる

Ы気烹院2回豆類を食べる

毎日何か野菜を食べる以上です。



以上が若がえりをし、髪の毛を増やすための「核酸食事療法」なのです。


とくに、週に4回のイワシは主要な実践事項です。


イワシの缶詰があなたの髪の毛を増やし、若がえりを実現させるのですよ。

核酸食事療法をさらに、パーフェクトに実行し、抜け毛や薄毛とさよならしたい人には、さらに次の3項目も上記8項目と並行して実行しましょう。

1.コップ2杯の牛乳を飲む

2.、毎日1杯のフルーツジュースあるいは野菜ジュースを飲む

3.毎日コップ4杯の水や茶を飲むということです。


さあ、あとは著者であるベンジャミン・フランク博士のノウハウを実行し、髪の毛を太く、豊かに育てるだけですよ。

ただし、実行はそれほど容易ではないですよ。

やってみれば、わかりますがね。

やはり毎日、育毛剤を頭に振りかけるだけになって、失望していくことにならなければ、いいと思います。


この発毛メソッドは、世界の、若がえり研究の最高の人が作り上げたノウハウであることを、決してお忘れなく。


髪の毛に良い食事をとって、髪の毛も身体も健康になれるのです。

その秘訣を、あなたは知ったのです。

今回紹介した育毛情報は、

「続 老化は食べ物が原因だった」  

ベンジャミン・S・フランク著


青春出版者版 

昭和58年3月初版  

670円