細い髪の毛を太くするコラーゲンの力について研究をしてみた。

 

 

 



私はこの15年くらいの間に何度もコラーゲン商品を買いました。

髪の毛に良いことが知られているからです。


「肌に良いことは髪の毛にもよい」

と言う大原則で考えるとうなずけます。

 

実際に私も令和2年現在までコラーゲンとスピルリナは欠かさず飲んできました。

 

育毛の基本だと感じているから。

 

私のコラーゲン歴は長い。


昭和の終わりごろから、ドラッグストアなどで商品を見かけると、買ってきました。

とくに「ブタの皮」を原料としたコラーゲンの粉末をよく買っていたのです。

 

安価だしね。

また、「フラコラ」という美肌づくりに大人気のコラーゲン飲料もたびたび買ってきました。

女性の方なら、一度は「フラコラ」を飲んだことがあるのではないでしょうか?

どこの薬局やドラッグストアでも目立つ所に商品を置いています。


さて、この本の中には、非常に興味のあることが書かれています。

それは、アメリカの実験で、コラーゲンを62日間摂取した人は、髪の毛が10%太くなった


ということなのです。これは、貴重な情報ですよ。

では、非常に重要なので、引用させていただきましょう。

(ここより、引用〜)


「アメリカのある研究グループが、62日間にわたって、51人の人にコラーゲンを1日14グラムずつ与えて、毛髪の成長ぶりを測定したことがあります。

この結果、コラーゲンを摂取した人たちの毛髪はおよそ10%太くなっていることが観察されました。

しかし、毛髪の成長速度には変化がなく、コラーゲンを食べると毛髪が新しく生えるという結論は出ませんでした。

実験には2歳から58歳までの人が参加しましたが、コラーゲンの効果は年齢に無関係で、はじめから毛髪の細かった人の方が大きな効果が見られた」



(同著29ページより引用 ここまで)

この本で育毛に関するの重要ポイントは、


1、62日間で10%髪の毛が太くなった

2、はじめから髪の毛が細い人が大きな効果が見られたということでしょう。


62日で髪が10%太くなるはありがたいですねぇ。


ハゲや薄毛は「髪の毛が抜ける」というよりも「髪の毛がやせ細ってウブ毛になっていく」場合が多いのです。

あなたも、髪の毛が抜けると言うよりも、ウブ毛化しているのではないでしょうか?

その場合は、やせ細った髪の毛を10%太くできれば、見た目は大きく変わりますよ。

数多い髪の毛が10%それぞれ太く成長すると、髪の毛のボリューム感は、かなりアップしますね。

継続してコラーゲンを摂取していくべきですね。

この本でもコラーゲンを飲んで髪の毛を太くツヤツヤにしましょうと言っています

とくに女性は、「絶対」に飲むといいと私は感じますね。

今回紹介した育毛関連書籍は、

「コラーゲンで、きれいに健康になる!」

坂倉弘重 著三笠書房 刊

2004年9月初版

1000円


*追伸で〜す。

 

 

私はコラーゲン商品は、ブタの皮を原料としたコラーゲン粉末か「フラコラ」というコラーゲンドリンクを飲んでいました。

今現在は、フラコラだけではなくいろいろなコラーゲン商品を買っています。

フラコラはネットで見て「体験者のレビュー」も非常にいいですね。

あなたも時間があれば体験者のレビューを読みましょう。

面白いですよ、レビューを読むのは。

コラーゲンは即効性があるのですが、この商品のレビューでも即効性について高い評価を得てますね。

62日間は実行してみる価値は 「あると思います」

髪の毛も、肌もキレイになるので、うれしい成分ですね。

 

食べるコラーゲンお試し用110gが999円!