育毛をめざす人が読むと、がっかりするかもしれません。

そのような内容です。

出典は文藝春秋社の文庫本『毛髪の話』です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 毛髪の話 文春新書/井上哲男(著者) 【中古】afb
価格:110円(税込、送料別) (2020/8/30時点)


 



髪の毛の悩みについて回答するコーナーがあり、そこでの質問と回答を紹介します。


相談者は31歳の男性。

「前頭部が徐々に薄くあがり、頭頂部が特に薄くなってきた。  現在の状況を維持できるのか。  また、毛を増やせるのか。  もってあと何年かを知りたい」

  という質問です。

最後の

「もってあと何年かを知りたい」

という言葉が、なんともいえません。

その気持ちはようく理解できますね。


一気にハゲて来たとき、あるいは、ある日突然自分の頭頂部の現状に気づき、大きな衝撃を体験したとき、そのような感情におそわれるのです。

それにしても、  「もってあと何年か」  という言葉は、あたかもガンにかかった人が余命を知ろうとするときの言葉と同じです。

そういう気持ちになるのです。

いったいこれからオレの頭の毛はどうなるのか?

女にモテなくなるのでは?

せめて結婚するまでは、ハゲたくない・・・・・・。

育毛剤を早く買わなければ・・・・・。  いろんな感情がこみあげてきます。

もしかしたら、あなたもそういう状況かもしれません。

さて、この本では、髪の毛の権威とされる方が、この質問に回答しています。
 
回答内容を、紹介しようと思い、ブログを書き始めましたが、その回答は書きません。 

質問者には、非常に気落ちするような回答がなされています。
 
 あえて、紹介はしません。 

あなたの育毛生活に、消極的な感情が入るのを、私は避けたいのです。 

その代わりに、この本で、育毛に役立つポイントもありましたので、それを記載します。

 育毛シャンプーのことに関連した部分です。

 ■よいシャンプーの条件とは■■

「毛髪の話」より 

クリーミーで豊富な泡が持続すること 

脂をとりすぎない程度の、適度の洗浄力があること 

毛髪、頭皮、眼に、安全性の高いこと 

すすぎが簡単で、洗髪後、自然な光沢と柔軟さを与え、整髪しやすくすること 

以上「毛髪の話」より 

さて、育毛に関し、若ハゲ、男性型脱毛症に関する、私の見解は、 

「遺伝でハゲ体質を受け継いでいると、髪の毛を生やすのは難しいけれど、体質を改善し、適切な処置をすれば、髪の毛は、かなりの確率でキープできる」

ということです。

 髪の毛を増やすには、育毛漢方による体質改善が効くのです。 

髪の毛の悩みは、漢方の得意分野なのです。